小学生京都府選手権大会

 5月11日 小学生京都府選手権大会が丹波自然運動公園であり、クレイから1部2チーム2部1チーム(朱三と混成)が出場です

1部では 第一シードにイッセイ・カズヤ 中シードにソウタ・タクマが出場しました。

 イッセイ・カズヤチームはリーグ戦は無難に突破また準決勝戦でも自分たちのプレイスタイルで勝ち上がりましたが、決勝戦においては何故か一方的に敗れたようです。残念なことにこのが2部のシュウマ・リン君の試合と重なり見ることが出来なかったのですが、また次に向かって気持ちを新たに進んでほしいですね。

 

 シュウマ・リン君もリーグ戦は危なげなく突破準決勝は1-2と先行されるも粘りファイナルを逃げ切って逆転勝利。決勝戦もファイナルゲームまでもつれて後一歩届かず

敗れはしましたが、相手は6年生よく粘って立派な準優勝です。リン君はファイト溢れるプレーでコートを走り回りあとドライブボールをしっかり打てるようになればもっと伸びるでしょう。頑張ってほしいですね。シュウマは今回前のボールに反応して走って拾えるようになりました。それも数回も。これで勝つことの喜びを覚えてもったかな? ストローク力は十分あるのであとはリン君のようにファイト溢れるプレーそして何より走れる脚力・・頑張って欲しいな!!!

 ソウタ・タクマはリーグ戦は1勝ち1敗で2位リーグでの近畿狙いで残念ながら敗活でも敗れ今回は予選敗退で終わってしまいました。ソウタが前日まで体調を崩していたとはいえもう少し粘れたのではと感じてしまうのはわたしだけでしょうか?

 このチームの特色はやはり粘り粘って相手の根負けでのミスを誘うようなプレイスタイルで勝ち上がるのが一番だと思うのですが、サーブもまたラリーも一発狙いでは難しいと思います。 これから秋の選手権までラリー力をサーブの正確さを磨いて西日本大会目指して練習に励んでください。