クラブの基本理念


互いの人格を尊重し,協調心と信頼感を深めて健康的な「体と心」の増進を目指します。

テニスといえば、フェルトのボールを使う、いわゆる硬式テニスを指すのが 一般的な傾向ですが、日本で「テニス」を語るとき、ゴムボールを使用する 軟式(ソフト)テニスの存在を無視することはできません。

 クレイテニスクラブは、そのソフトテニスの愛好者によって創られたクラブです(1997年)。
その翌年には、同じ組織・コートで硬式テニスも活動を始め(現在は活動休止)、1999年にはソフトテニスのジュニアも 参入して大所帯となりました。
元気にボールを追う子どもたちの、にぎやかな声がコートにあふれ、大人たちを引っぱってくれています。

 大人とジュニアが「同居」する当クラブは、2012年度に創部25周年を迎えることになりました。 当ホームページは、クラブ内の伝達網の整備と、情報交換のために、対外的には交歓試合などの受付窓口 として開設するものです。

 

役員紹介

 

   名誉会長  豊 田   弘(京都府・市ソフトテニス連盟理事)

 
  会    長  長 田  

 

   副  会 長  藤本 正博


 
  理 事  長  森   昭夫(日本体育協会公認ソフトテニス指導員)

 
  理    事  北村 治行(日本体育協会公認スポーツ少年団認定員)


   理    事  稗田 千秋 (日本体育協会公認スポーツ少年団認定員)